This page is written in Japanese.  

  ヤマログ #29: 「五竜岳(小遠見山)」


■ 登山データMountain Climbing

日程:  2011年 1月 29日(土)<日帰り>
ポイント:  五竜岳・小遠見山(北アルプス)
データ:  標高2,007m
パーティー:  Kenn, Yari, SK (3人)
天候:  
  雪
気温:  -8℃




■ コースタイムMountain Climbing

 5:45  自宅出発
−(2:00)→  7:45  白馬五竜スキー場P
−(0:30)→  8:15  テレキャビン乗車
−(0:45)→  9:00  地蔵ノ頭
−(1:20)→  10:20  二ノ背 髪
−(0:15)→  10:35  小遠見山
−(0:55)→  11:30  地蔵ノ頭着
−(0:40)→  12:10  地蔵ノ頭発
−(0:20)→  12:30  白馬五竜スキー場P
コースタイム登り: 2時間20分
コースタイム下り: 1時間15分
 コースタイム登山合計: 4時間15分(休憩含む) 



マウスを乗せると歩いたルートが表示します




■ Photo Gallery     写真をクリックすると拡大表示します。Mountain Climbing

1
2
3
4
(8:20) スキー板を持ってゴンドラ「テレキャビン」に乗り込みました。 (8:21) 白馬五竜スキー場 (8:22) 白馬五竜スキー場 (8:22) 白馬五竜スキー場
5
6
7
8
(9:08) 地蔵ノ頭付近(五竜岳方面) (9:08) 地蔵ノ頭付近(スキー板を放置した場所) (9:53) 雪屁 (9:53) 背景は真っ白
9
10
11
12
(9:59) 小休憩 (9:59) 小遠見山方面 (10:21) 二ノ背 髪 (10:21) まるで毛細血管
13
14
15
16
(10:35) 小遠見山 (標高2,007m) (10:35) 小遠見山 (標高2,007m) (10:36) この天候でも結構登ってくる人が多かったです。 (10:50) 集団はバックカントリーのスキーヤー。
17
18
19
20
(11:04) 白い雷鳥と遭遇しました。 (11:05) 雷鳥アップその1 (11:05) 雷鳥アップその2 (11:05) 雷鳥はどこかに行っちゃいました。
21
22
23
24
(11:24) きれいに出来たトレース (11:42) 定番のカップラーメン。山で食べるカップラーメンは最高です。 (14:26) 帰りに寄った温泉。「岩岳の湯」 (14:27) 帰りに寄った温泉。「岩岳の湯」
25
(14:27) 白馬岩岳スキー場




■ コメントMountain Climbing

 雪天気を承知で様子見もかねてのスノーシューハイクでした。天気予報通りでスキー場と山は雪。SKさんが山岳GPSを持っているので安心でした。自分も万が一のときに備えてGPS購入を検討しています。またバックカントリーのスキーヤーが結構多かったです。天気が良かったら景色は最高らしいので、また晴れた日に小遠見まで登りたいです。
 地蔵ノ頭からの下りは、スキー靴に履き替えて滑り降りました。重い荷物を背負ってのスキーは慣れるまで大変で、太ももにも負担が・・・。

ガソリン: 2,708円(ハイオク、走行距離167.6km) 
コンビニ: 1,144円(おやつ、非常食など)
リフト: 1,200円(ゴンドラ+リフト / 片道)
登山地図: 945円(35鹿島槍・五竜岳)
岩岳の湯: 500円(温泉入浴)
 登山費用合計: 6,497円





戻る


Copyright © 2011, Kenn