This page is Japanese style.

  ダイブログ #12〜14 


■ ダイブNo.#12Scuba Diving

日付:   2005年 9月 23日(金)
潜水地:   西伊豆 浮島ビーチ
時間:   IN時間  10:00   >>>>>>   OUT時間  10:20
使用タンク:   スチール10L
     開始時タンク圧
     205
終了時タンク圧                    
     110
ダイブ
プロフィール

保護スーツ:   ウェットスーツ(5mm/1P)、ブーツ、グローブ
アイテム:   水中時計、水中ノート
ウエイト量:   4 kg
エントリー:   塩水、浜から、6人チーム
温度:   気温  30℃、水温  24℃、水底  23℃
透明度:   6〜7m
前回までの合計実際潜水時間
7:42
 + 今回の実際潜水時間
0:20
 = 合計実際潜水時間
8:02

▽ NOTE
コメント:   ADコース / PPB、中性浮力。
天気・・・晴れ。
ウェイトは重かったので午後は1kg減らそう! 中性浮力(何もしない)を保って30秒以上止まっているようにした。4人でフィンをつかみ輪になった。
最初中性浮力がいまいちだった。





■ ダイブNo.#13Scuba Diving

日付:   2005年 9月 23日(金)
潜水地:   西伊豆 浮島ビーチ
時間:   IN時間  10:30   >>>>>>   OUT時間  11:15
使用タンク:   スチール10L
     開始時タンク圧
     110
終了時タンク圧                    
     50
ダイブ
プロフィール

保護スーツ:   ウェットスーツ(5mm/1P)、ブーツ、グローブ
アイテム:   水中時計、水中ノート
ウエイト量:   4 kg
エントリー:   塩水、浜から、6人チーム
温度:   気温  30℃、水温  24℃、水底  23℃
透明度:   6〜7m
前回までの合計実際潜水時間
8:02
 + 今回の実際潜水時間
0:45
 = 合計実際潜水時間
8:47

▽ NOTE
コメント:   ADコース / ナビゲーション。
天気・・・晴れ。
キックサイクル30m・・・1回目 26キック 64秒
                               2回目 25キック 65秒
その他、ナチュラルナビ、コンパスナビをトレーニング。
キックサイクルを測定中にいきなり時計の液晶表示が消えてしまった。電池切れかと思い、スタッフの時計を借りて測定した。水中時計は、3年ほど前に980円で購入したものを用意した。防水5BARと表記してあるので、40mの水深までOKのはず。なのに、陸に上がってから時計を見ると、水が入っておもいっきり壊れていた。防水5BARって表記うそやん!!!!(怒)
次回までにまともな時計を買おうっと。





■ ダイブNo.#14Scuba Diving

日付:   2005年 9月 23日(金)
潜水地:   西伊豆 浮島ビーチ
時間:   IN時間  13:09   >>>>>>   OUT時間  14:23
使用タンク:   スチール10L
     開始時タンク圧
     210
終了時タンク圧                    
     50
ダイブ
プロフィール

保護スーツ:   ウェットスーツ(5mm / 1P)、ブーツ、グローブ
アイテム:   水中ノート
ウエイト量:   3 kg
エントリー:   塩水、浜から、6人チーム
温度:   水温  24℃
透明度:   5m
前回までの合計実際潜水時間
8:47
 + 今回の実際潜水時間
1:14
 = 合計実際潜水時間
10:01

▽ NOTE
コメント:   ADコース / サーチ&リカバリー。
天気・・・晴れ。
行ったサーチ方法・・・Uサーチ。
潜行する前にウエイトチェックをしたがまだ重いかも。次回はもう1kg減らして、2kg(※スチールの場合)で潜ってみるか。
まず、午前中のコンパスナビの応用トレーニング実施。1回目、コンパス役、スタート地点から数メートル離れた場所に戻った。2回目、キック数役、全く違う場所に行ってしまった。
Uサーチでは、なぜかE(東)とW(西)を逆に思い違いしてしまって、途中方向感覚がわからなくなったので、再度スタート地点からやり直した。サーチ対象物の近くにインストラクターがいたので、スタート地点と勘違いして通り過ぎてしまった。後に笑い話となる。
コンパスで方角を知るのはよいが、キック数から距離を算出するのは非常に難しいと感じた。






戻る


Copyright © 2004-2005, Kenn